Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 抑うつ(よくうつ、Depression)とは、気分が落ち込んで活動を嫌っている状況であり、そのため当人の思考、行動、感情、幸福感に影響が出ている状況のこと。抑うつに陥った人々は、悲壮感、不安感、空虚感、絶望感、焦燥感、罪悪感、短気、痛み、気分が休まらない、などの感情となっている。彼らはかつて喜びに満ちた活動であったことに対して意欲を失っており、食欲衰退するか過食となり、集中力や記憶力や意思決定に問題を起こし、自殺について考慮・挑戦・宣言し、不眠、過眠、疲労感、エネルギー喪失、長期の体部の痛み、消化系の不良などを訴える。抑うつが全て精神疾患であるとは限らない。抑うつは人生の出来事の一つとして通常の反応であり、ごく一部の医学的な症候についてが医学的治療や薬物療法の対象となる。抑うつは、精神的徴候の主訴もしくは合併症状の一つである。抑うつは、精神医療において最も頻繁に見られる状態像であり、診療においては「熱が38度ある」程度の情報でしかない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 784442 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11675 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58686728 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 抑うつ(よくうつ、Depression)とは、気分が落ち込んで活動を嫌っている状況であり、そのため当人の思考、行動、感情、幸福感に影響が出ている状況のこと。抑うつに陥った人々は、悲壮感、不安感、空虚感、絶望感、焦燥感、罪悪感、短気、痛み、気分が休まらない、などの感情となっている。彼らはかつて喜びに満ちた活動であったことに対して意欲を失っており、食欲衰退するか過食となり、集中力や記憶力や意思決定に問題を起こし、自殺について考慮・挑戦・宣言し、不眠、過眠、疲労感、エネルギー喪失、長期の体部の痛み、消化系の不良などを訴える。抑うつが全て精神疾患であるとは限らない。抑うつは人生の出来事の一つとして通常の反応であり、ごく一部の医学的な症候についてが医学的治療や薬物療法の対象となる。抑うつは、精神的徴候の主訴もしくは合併症状の一つである。抑うつは、精神医療において最も頻繁に見られる状態像であり、診療においては「熱が38度ある」程度の情報でしかない。
rdfs:label
  • 抑うつ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of