Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 手淫(しゅいん)とは、手を使って性器を刺激し性的快感を得ることをいう。自分の手を使って行う自慰(オナニー)のほか他者の手によって行われる手コキや手マンも含まれる。「手淫」という語の初出は、緒方洪庵が訳した『扶氏経験遺訓』。性行為における性的興奮を得る為に、男性自身ではなくパートナーが男性のペニスを触ったり、手の前後(ピストン)運動で射精させることは、俗に手コキ(てコキ)と呼ばれている。「手」で「扱(しご)く」の意である。性行為における性的興奮を得る為に、女性自身ではなくパートナーが女性のクリトリスや陰唇を指で触ったり、陰茎の代わりに指を挿入してピストン運動することは俗に手マン(てマン)と呼ばれている。手マンにより膣分泌液が激しく吹き出す「潮吹き」に至ることもある。ラテン語では男性器の場合は"digitatio"といい、女性器の場合は"titilatio"という。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1547656 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4131 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58664647 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 手淫(しゅいん)とは、手を使って性器を刺激し性的快感を得ることをいう。自分の手を使って行う自慰(オナニー)のほか他者の手によって行われる手コキや手マンも含まれる。「手淫」という語の初出は、緒方洪庵が訳した『扶氏経験遺訓』。性行為における性的興奮を得る為に、男性自身ではなくパートナーが男性のペニスを触ったり、手の前後(ピストン)運動で射精させることは、俗に手コキ(てコキ)と呼ばれている。「手」で「扱(しご)く」の意である。性行為における性的興奮を得る為に、女性自身ではなくパートナーが女性のクリトリスや陰唇を指で触ったり、陰茎の代わりに指を挿入してピストン運動することは俗に手マン(てマン)と呼ばれている。手マンにより膣分泌液が激しく吹き出す「潮吹き」に至ることもある。ラテン語では男性器の場合は"digitatio"といい、女性器の場合は"titilatio"という。
rdfs:label
  • 手淫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of