Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 手旗(てばた、しゅき)とは、手に持って使用する形式の旗。種々の手旗色や手旗形状ごとに単一の意味を定めて表示する方式のほかに、左右の手に異なる色の手旗を持って、振り方や姿勢の組み合わせによって多数の合図意味や文字や数字を表示する方式などがある。海上保安庁や自衛隊の艦船上の有視界通信、交通誘導を行う警備員、鉄道において列車や車両の乗務員へ手信号や合図を現示する職員、スポーツや公営競技の発走係員・競走審判員などが用いている。道路交通誘導の警備員や船舶関係者は赤と白を、鉄道業務では赤・白・緑の旗を用いている。その他、マラソンや駅伝などのスポーツの応援の際にも用いられる。携帯用無線機が普及する以前は、測量業務やクレーン運転合図にも多用されていて資格試験にも手旗を用いた合図法が出題されたりもしたが、現在は至近距離で素手合図を、素手合図を視認できない距離では携帯用無線機が用いられており、手旗を用いた合図は用いられていない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 479934 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 62 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54946907 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 手旗(てばた、しゅき)とは、手に持って使用する形式の旗。種々の手旗色や手旗形状ごとに単一の意味を定めて表示する方式のほかに、左右の手に異なる色の手旗を持って、振り方や姿勢の組み合わせによって多数の合図意味や文字や数字を表示する方式などがある。海上保安庁や自衛隊の艦船上の有視界通信、交通誘導を行う警備員、鉄道において列車や車両の乗務員へ手信号や合図を現示する職員、スポーツや公営競技の発走係員・競走審判員などが用いている。道路交通誘導の警備員や船舶関係者は赤と白を、鉄道業務では赤・白・緑の旗を用いている。その他、マラソンや駅伝などのスポーツの応援の際にも用いられる。携帯用無線機が普及する以前は、測量業務やクレーン運転合図にも多用されていて資格試験にも手旗を用いた合図法が出題されたりもしたが、現在は至近距離で素手合図を、素手合図を視認できない距離では携帯用無線機が用いられており、手旗を用いた合図は用いられていない。
rdfs:label
  • 手旗
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of