Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 手刀打ち(しゅとううち、てがたなうち)、またはチョップ (chop)、ナイフハンド・ストライク (knifehand strike) とは、空手・拳法・柔術・合気道・プロレスなどで使われる打撃技の一種。開掌の手の形すなわち手刀で打つ技である。徒手の格闘技、とくにボクシンググローブを使用しない種類の部門では、広く使われる打撃技法。剣道など武器を使用する武道・武術でも裏の型や技の応用として使われる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 511154 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58943366 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 手刀打ち(しゅとううち、てがたなうち)、またはチョップ (chop)、ナイフハンド・ストライク (knifehand strike) とは、空手・拳法・柔術・合気道・プロレスなどで使われる打撃技の一種。開掌の手の形すなわち手刀で打つ技である。徒手の格闘技、とくにボクシンググローブを使用しない種類の部門では、広く使われる打撃技法。剣道など武器を使用する武道・武術でも裏の型や技の応用として使われる。
rdfs:label
  • 手刀打ち
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of