Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 手の少陰心経(てのしょういんしんけい、中国語 手少陰心經 shǒu shaoyíng xinjīng、英:The heart Meridian of Hand-ShaoyinもしくはShoushaoyin Xinjingxue)とは心経に属する手を流れる陰経の経絡である。心臓と小腸は共に中国の五行(木、火、土、金、水)でいうと火(君火)に属するため密接な関係を持つ。流注によると心はもとより心包と共に神に通じ、ここが病むと精神活動に影響すると言われている。また心は血脈をつかさどるため、胸の痛みなど心臓疾患はもちろん血液疾患にも使われる。心経の募穴は巨闕穴(任脈)。国際表記はHTまたはHと表記する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 55529 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1950 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55086050 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 手の少陰心経(てのしょういんしんけい、中国語 手少陰心經 shǒu shaoyíng xinjīng、英:The heart Meridian of Hand-ShaoyinもしくはShoushaoyin Xinjingxue)とは心経に属する手を流れる陰経の経絡である。心臓と小腸は共に中国の五行(木、火、土、金、水)でいうと火(君火)に属するため密接な関係を持つ。流注によると心はもとより心包と共に神に通じ、ここが病むと精神活動に影響すると言われている。また心は血脈をつかさどるため、胸の痛みなど心臓疾患はもちろん血液疾患にも使われる。心経の募穴は巨闕穴(任脈)。国際表記はHTまたはHと表記する。
rdfs:label
  • 手の少陰心経
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of