Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 手(て) 人体の左右の肩から出ている長い部分。この記事でも若干ふれるが、主に腕を参照のこと。 手首から指の先までの部分。腕の末端にある器官。後述する。 組織を人と見立てて、組織でちょうど人体の手のようにはたらく人のこと。 はたらく人。組織のメンバー。例.「手が足りない」(=人が足りない)「手がいる」など。 部下。 部隊。手をはたらかせてすること。 術、手段、方法のこと。幅広い用法がある。 囲碁、将棋などで一回の動作の単位。 邦楽において、パート、器楽部分、楽器の旋律、旋律型、および、技法等を指す。 手 (沖縄武術)。 相撲や各種武術の技の種類を数えるときの単位。手で指すもの。方向。「上手(かみて)」(=うえのほう)「山手(やまて)」(=やまのほう)など。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 58365 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17027 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 267 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59234502 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 手(て) 人体の左右の肩から出ている長い部分。この記事でも若干ふれるが、主に腕を参照のこと。 手首から指の先までの部分。腕の末端にある器官。後述する。 組織を人と見立てて、組織でちょうど人体の手のようにはたらく人のこと。 はたらく人。組織のメンバー。例.「手が足りない」(=人が足りない)「手がいる」など。 部下。 部隊。手をはたらかせてすること。 術、手段、方法のこと。幅広い用法がある。 囲碁、将棋などで一回の動作の単位。 邦楽において、パート、器楽部分、楽器の旋律、旋律型、および、技法等を指す。 手 (沖縄武術)。 相撲や各種武術の技の種類を数えるときの単位。手で指すもの。方向。「上手(かみて)」(=うえのほう)「山手(やまて)」(=やまのほう)など。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:利き手 of
is prop-ja:由来 of
is foaf:primaryTopic of