Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 戸田 芳実(とだ よしみ、1929年1月26日 - 1991年8月29日)は、日本の歴史学者。神戸大学名誉教授。学生時代に他の多くの人と同じく石母田正の「中世的世界の形成」に影響を受け、その後の進路を決定した。研究者となって以降は、河音能平、大山喬平、工藤敬一らと封建制度を研究するグループを作り、中世史に関する論考を発表する。(「日本領主制成立史の研究」あとがき)専門は日本中世史で、王朝国家論を主唱し、領主制の研究、あるいは中世の都市論、農業史などの研究に従事し幅広く活躍した。東京府出身。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1172949 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1008 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50439954 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 戸田 芳実(とだ よしみ、1929年1月26日 - 1991年8月29日)は、日本の歴史学者。神戸大学名誉教授。学生時代に他の多くの人と同じく石母田正の「中世的世界の形成」に影響を受け、その後の進路を決定した。研究者となって以降は、河音能平、大山喬平、工藤敬一らと封建制度を研究するグループを作り、中世史に関する論考を発表する。(「日本領主制成立史の研究」あとがき)専門は日本中世史で、王朝国家論を主唱し、領主制の研究、あるいは中世の都市論、農業史などの研究に従事し幅広く活躍した。東京府出身。
rdfs:label
  • 戸田芳実
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of