Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 戦斧文化(英語:Battle Axe culture)あるいは縄目文土器文化(英語:Corded Ware culture)または単葬墓文化(英語:Single Grave culture)は、紀元前2900~2400年頃の新石器時代末期から銅器時代を経て青銅器時代初期にかけ、ヨーロッパ北部一帯に広まった一連の考古文化。特徴的な遺物として石製戦斧があるのでこの名があるが、他の特徴に注目して縄目文土器文化(コーデッドウェア文化:Corded Ware culture)または単葬墓文化(Single Grave culture)という名でも呼ばれる。インド・ヨーロッパ語族のヨーロッパへの拡がりと関係があると見る考えもある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2357451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2820 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59092265 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 戦斧文化(英語:Battle Axe culture)あるいは縄目文土器文化(英語:Corded Ware culture)または単葬墓文化(英語:Single Grave culture)は、紀元前2900~2400年頃の新石器時代末期から銅器時代を経て青銅器時代初期にかけ、ヨーロッパ北部一帯に広まった一連の考古文化。特徴的な遺物として石製戦斧があるのでこの名があるが、他の特徴に注目して縄目文土器文化(コーデッドウェア文化:Corded Ware culture)または単葬墓文化(Single Grave culture)という名でも呼ばれる。インド・ヨーロッパ語族のヨーロッパへの拡がりと関係があると見る考えもある。
rdfs:label
  • 戦斧文化
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of