Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 戦後レジームからの脱却(せんごレジームからのだっきゃく)とは、ヤルタ・ポツダム体制(YP体制)からの脱却であり、安倍内閣によって行われている政策の目指すところである。これは2007年9月の所信表明演説で明言された事柄である。このことによって、日本は戦後に作り上げられた憲法や教育や宗教などに関する制度を否定して、戦前の日本が行っていたような形態に戻そうとするものである。戦後の日本に作り上げられてきた形態というのは連合国(米ソ英3国)首脳のヤルタ会談とポツダム会談で決められた 敗戦後の日本の在り方のことであり、世界秩序への反発であるとの議論がなされている
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3071320 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 632 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56723115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:中立
  • --04-23
prop-ja:出典の明記
  • --04-23
prop-ja:特筆性
  • --04-23
prop-ja:独自研究
  • --04-23
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 戦後レジームからの脱却(せんごレジームからのだっきゃく)とは、ヤルタ・ポツダム体制(YP体制)からの脱却であり、安倍内閣によって行われている政策の目指すところである。これは2007年9月の所信表明演説で明言された事柄である。このことによって、日本は戦後に作り上げられた憲法や教育や宗教などに関する制度を否定して、戦前の日本が行っていたような形態に戻そうとするものである。戦後の日本に作り上げられてきた形態というのは連合国(米ソ英3国)首脳のヤルタ会談とポツダム会談で決められた 敗戦後の日本の在り方のことであり、世界秩序への反発であるとの議論がなされている
rdfs:label
  • 戦後レジームからの脱却
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of