Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 戦士の銃(せんしのじゅう)は、松本零士の漫画作品に登場する架空の武器。雷管先込軍用大型リボルバー拳銃(コルトドラグーン)をモチーフとした形状の次元反動銃だが、ビームを発射するため劇中では光線銃のように描かれる。別名:コスモドラグーン(宇宙竜騎兵)。2979年に土星の衛星タイタンのぶどう谷にて大山トチローによって製作される。この銃を自由に使いこなせるようになったとき、初めて真の「宇宙戦士」と呼ばれるという。本稿では、初出の作品である『銀河鉄道999』の描写を中心に解説する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 165476 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8061 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57909823 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 戦士の銃(せんしのじゅう)は、松本零士の漫画作品に登場する架空の武器。雷管先込軍用大型リボルバー拳銃(コルトドラグーン)をモチーフとした形状の次元反動銃だが、ビームを発射するため劇中では光線銃のように描かれる。別名:コスモドラグーン(宇宙竜騎兵)。2979年に土星の衛星タイタンのぶどう谷にて大山トチローによって製作される。この銃を自由に使いこなせるようになったとき、初めて真の「宇宙戦士」と呼ばれるという。本稿では、初出の作品である『銀河鉄道999』の描写を中心に解説する。
rdfs:label
  • 戦士の銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of