Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 戦争絶滅受合法案(せんそうぜつめつうけおいほうあん)とは、日本の評論家・長谷川如是閑が論壇誌『我等』(1919年創刊)1929年1月号巻頭言にて紹介した戦争根絶に向けた提案。当時デンマーク・コペンハーゲンに在住していたフリッツ・ホルム(英語版)(自称陸軍大将)が考案したという条文を和訳したもので、紹介者である長谷川をして「確かに名案」と言わしめている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2990092 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4702 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56497931 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 戦争絶滅受合法案(せんそうぜつめつうけおいほうあん)とは、日本の評論家・長谷川如是閑が論壇誌『我等』(1919年創刊)1929年1月号巻頭言にて紹介した戦争根絶に向けた提案。当時デンマーク・コペンハーゲンに在住していたフリッツ・ホルム(英語版)(自称陸軍大将)が考案したという条文を和訳したもので、紹介者である長谷川をして「確かに名案」と言わしめている。
rdfs:label
  • 戦争絶滅受合法案
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of