Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『戦争と一人の女』(せんそうとひとりのおんな)は、坂口安吾の短編小説。戦時中の空襲下の日々を舞台に、虚無的な男と、淫奔ながらも不感症の女の同棲関係を描いた作品。坂口安吾の主要作の一つで、敗戦後から1946年(昭和21年)末までに書かれた作品の傑作として投票で選出された作品である。GHQの検閲により大幅作削除されていた初出は1971年(昭和46年)以降から復活し、「続」でなく、当初の「戦争と一人の女」が正規版となっている。2013年(平成25年)に同名タイトルで映画化された。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2815027 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 137 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56347388 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • --10-01
prop-ja:publisher
  • 雑誌『新生』臨時増刊号
prop-ja:title
  • 戦争と一人の女
prop-ja:type
  • 雑誌掲載
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:プロデューサー
prop-ja:上映時間
  • 98 (xsd:integer)
prop-ja:企画・統括p
prop-ja:作品名
  • 戦争と一人の女
prop-ja:公開
  • --04-27
prop-ja:出演者
  • [[#キャスト
prop-ja:原作
prop-ja:撮影
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
prop-ja:言語
prop-ja:配給
prop-ja:音楽
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『戦争と一人の女』(せんそうとひとりのおんな)は、坂口安吾の短編小説。戦時中の空襲下の日々を舞台に、虚無的な男と、淫奔ながらも不感症の女の同棲関係を描いた作品。坂口安吾の主要作の一つで、敗戦後から1946年(昭和21年)末までに書かれた作品の傑作として投票で選出された作品である。GHQの検閲により大幅作削除されていた初出は1971年(昭和46年)以降から復活し、「続」でなく、当初の「戦争と一人の女」が正規版となっている。2013年(平成25年)に同名タイトルで映画化された。
rdfs:label
  • 戦争と一人の女
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 戦争と一人の女
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of