Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『或る女』(あるおんな)は、有島武郎が大正時代に発表した長編小説。1911年1月『白樺』の創刊とともに「或る女のグリンプス」の題で連載を始め、1913年3月まで16回続いた。これは前半のみで、その後、後半を書き下ろしで『或る女』と改題して、1919年叢文閣から『有島武郎著作集』のうち二巻として前後編で刊行した。現在は絶版だが、電子書籍のみで読むことができる。佐々城信子をモデルとしたものだが、結末は創作である。実際の信子は武井との間に一女をもうけ、武井が亡くなったあとも日曜学校などをしながら71歳まで元気に生きた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2267699 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3006 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 82 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58661472 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『或る女』(あるおんな)は、有島武郎が大正時代に発表した長編小説。1911年1月『白樺』の創刊とともに「或る女のグリンプス」の題で連載を始め、1913年3月まで16回続いた。これは前半のみで、その後、後半を書き下ろしで『或る女』と改題して、1919年叢文閣から『有島武郎著作集』のうち二巻として前後編で刊行した。現在は絶版だが、電子書籍のみで読むことができる。佐々城信子をモデルとしたものだが、結末は創作である。実際の信子は武井との間に一女をもうけ、武井が亡くなったあとも日曜学校などをしながら71歳まで元気に生きた。
rdfs:label
  • 或る女
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of