Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 戒名(かいみょう)は、仏教において受戒した者に与えられる名前である。仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられる。上座部仏教と大乗仏教の両方で行われており、多くの場合、出家修道者に対して授戒の師僧によって与えられる。上座部では出家後に南伝仏典に残る阿羅漢に変名するため、その意味で「法名」と呼ぶ。また、仏弟子として新たに身につける真の名前という意義から「法諱」(ほうい、ほうき)ともいった。また日本においては、死生観の変化により死後に成仏するという思想のもと、故人に戒名を授ける風習が生れた。(「成仏#日本文化のなかでの「成仏」」を参照。)死後の戒名は、特に日本において盛んに行われている。寺に支払った金額によって戒名のランクが変化する。 戒名を用いない宗旨浄土真宗では、「法名」が正式な名称である。(詳細は、「法名 (浄土真宗)」を参照。)日蓮宗系(日蓮正宗を除く)では、「法号」が正式な名称である。↑
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 208688 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7452 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58925781 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 戒名(かいみょう)は、仏教において受戒した者に与えられる名前である。仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられる。上座部仏教と大乗仏教の両方で行われており、多くの場合、出家修道者に対して授戒の師僧によって与えられる。上座部では出家後に南伝仏典に残る阿羅漢に変名するため、その意味で「法名」と呼ぶ。また、仏弟子として新たに身につける真の名前という意義から「法諱」(ほうい、ほうき)ともいった。また日本においては、死生観の変化により死後に成仏するという思想のもと、故人に戒名を授ける風習が生れた。(「成仏#日本文化のなかでの「成仏」」を参照。)死後の戒名は、特に日本において盛んに行われている。寺に支払った金額によって戒名のランクが変化する。 戒名を用いない宗旨浄土真宗では、「法名」が正式な名称である。(詳細は、「法名 (浄土真宗)」を参照。)日蓮宗系(日蓮正宗を除く)では、「法号」が正式な名称である。↑
rdfs:label
  • 戒名
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of