Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 成田 泰季(なりた やすすえ、生年不詳 - 天正18年?(1590年?))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。成田親泰の三男で、兄に成田長泰、小田朝興。子に成田長親。武蔵国忍城城代。官職は肥前守。天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原征伐のとき、帰属していた後北条氏に倣い、豊臣方の石田三成率いる軍勢に忍城にて篭城戦をもって対抗、城主成田氏長が小田原への加勢で不在の折、氏長に代わって城を守るも戦中に病死。事後を長親に託す。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1677551 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 427 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50275899 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 成田 泰季(なりた やすすえ、生年不詳 - 天正18年?(1590年?))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。成田親泰の三男で、兄に成田長泰、小田朝興。子に成田長親。武蔵国忍城城代。官職は肥前守。天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原征伐のとき、帰属していた後北条氏に倣い、豊臣方の石田三成率いる軍勢に忍城にて篭城戦をもって対抗、城主成田氏長が小田原への加勢で不在の折、氏長に代わって城を守るも戦中に病死。事後を長親に託す。
rdfs:label
  • 成田泰季
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of