Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 成生岬(なりゅうみさき)は、京都府舞鶴市に属し、日本海(若狭湾西部)に面する岬。北緯35度36分、東経135度28分。若狭湾国定公園の一部である。大浦半島北端に位置し、京都府最東北端の地である。岬の地形は、標高100から200mほどの山地となっている。先端は成生岬灯台と、灯台保守のための船つき場が設置されている。沿岸は人をよせつけない断崖であり、灯台に通じる陸路はない。山中にはかつて舞鶴要塞の外郭だった砲台の土台が残る。岬の中ほどに、戸数二十数戸の漁村である成生漁港がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 318847 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59059998 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 成生岬(なりゅうみさき)は、京都府舞鶴市に属し、日本海(若狭湾西部)に面する岬。北緯35度36分、東経135度28分。若狭湾国定公園の一部である。大浦半島北端に位置し、京都府最東北端の地である。岬の地形は、標高100から200mほどの山地となっている。先端は成生岬灯台と、灯台保守のための船つき場が設置されている。沿岸は人をよせつけない断崖であり、灯台に通じる陸路はない。山中にはかつて舞鶴要塞の外郭だった砲台の土台が残る。岬の中ほどに、戸数二十数戸の漁村である成生漁港がある。
rdfs:label
  • 成生岬
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of