Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 成層圏飛行船(せいそうけんひこうせん、Stratospheric airship)とは地上20km前後の高空を飛行する無人飛行船のこと。21世紀初頭の現在、世界中のさまざまな機関が開発中であるがまだ研究段階であり実用の機体は存在しない。2万mの高空に半径1km程度の誤差のほぼ定点で、長期に渡って留まる飛行船の利用価値は高いと考えられるため以前から実現の可能性が検討されてきたが、技術的課題克服の見通しが見えてきた2008年現在、実用に向けた研究の進展が期待される新たな技術分野である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1374985 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1777 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58364306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 成層圏飛行船(せいそうけんひこうせん、Stratospheric airship)とは地上20km前後の高空を飛行する無人飛行船のこと。21世紀初頭の現在、世界中のさまざまな機関が開発中であるがまだ研究段階であり実用の機体は存在しない。2万mの高空に半径1km程度の誤差のほぼ定点で、長期に渡って留まる飛行船の利用価値は高いと考えられるため以前から実現の可能性が検討されてきたが、技術的課題克服の見通しが見えてきた2008年現在、実用に向けた研究の進展が期待される新たな技術分野である。
rdfs:label
  • 成層圏飛行船
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of