Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 戌(いぬ、じゅつ)は十二支のひとつ。通常十二支の中で第11番目に数えられる。前は酉、次は亥である。戌年は、西暦年を12で割って2が余る年が戌の年となる。戌の月は旧暦9月(概ね新暦10月)戌の刻は午後8時を中心とする約2時間戌の方は西北西よりやや北寄り(北西微南:北基準右廻り300°)の方角である。五行は土気陰陽は陽である。「戌」は「滅」(めつ:「ほろぶ」の意味)で、草木が枯れる状態を表しているとされる。後に、覚え易くするために動物の犬が割り当てられた。犬はお産が軽いとされることから、安産については、戌の日が吉日とされ、帯祝いなどにはこの日を選ぶ風習がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 29222 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58081860 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 戌(いぬ、じゅつ)は十二支のひとつ。通常十二支の中で第11番目に数えられる。前は酉、次は亥である。戌年は、西暦年を12で割って2が余る年が戌の年となる。戌の月は旧暦9月(概ね新暦10月)戌の刻は午後8時を中心とする約2時間戌の方は西北西よりやや北寄り(北西微南:北基準右廻り300°)の方角である。五行は土気陰陽は陽である。「戌」は「滅」(めつ:「ほろぶ」の意味)で、草木が枯れる状態を表しているとされる。後に、覚え易くするために動物の犬が割り当てられた。犬はお産が軽いとされることから、安産については、戌の日が吉日とされ、帯祝いなどにはこの日を選ぶ風習がある。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of