Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 戈(カ、ほこ)は、敵を打ち据える動作によって殺傷するのに適した穂先を持つ、古代東アジアのピッケル状の長柄武器(長兵)である。「ほこ」の和訓を与えられている字には「矛」もあるが、「矛」では金属製の穂先を槍と同様に柄と水平に取り付けるのに対し、「戈」では穂先を柄の先端に垂直に取り付け、前後に刃を備える。ただ日本の歴史時代に実用の武器として用いられたのは「矛」の方のみであるため、日本語文献史料で「ほこ」とある場合、通常は「戈」ではなく「矛」である。そのため、歴史学用語としては訓読みするより音読みの「カ」で読まれることが多い。「戈」の穂先はその歴史の大半で青銅製であったが、後世の戦国時代以降には一部鉄製も現れた。青銅製の戈をあえて銅戈(どうか)と呼ぶこともある。柄は竹や木で出来ていたとされる。日本では弥生時代に導入され、当初は実用武器として用いられたと考えられるが、次第に祭具としての用途が主流となって巨大な青銅製祭具と化し、武器としての実用には適さない姿に変じて弥生時代の末期まで用いられた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 288297 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2951 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56009644 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 戈(カ、ほこ)は、敵を打ち据える動作によって殺傷するのに適した穂先を持つ、古代東アジアのピッケル状の長柄武器(長兵)である。「ほこ」の和訓を与えられている字には「矛」もあるが、「矛」では金属製の穂先を槍と同様に柄と水平に取り付けるのに対し、「戈」では穂先を柄の先端に垂直に取り付け、前後に刃を備える。ただ日本の歴史時代に実用の武器として用いられたのは「矛」の方のみであるため、日本語文献史料で「ほこ」とある場合、通常は「戈」ではなく「矛」である。そのため、歴史学用語としては訓読みするより音読みの「カ」で読まれることが多い。「戈」の穂先はその歴史の大半で青銅製であったが、後世の戦国時代以降には一部鉄製も現れた。青銅製の戈をあえて銅戈(どうか)と呼ぶこともある。柄は竹や木で出来ていたとされる。日本では弥生時代に導入され、当初は実用武器として用いられたと考えられるが、次第に祭具としての用途が主流となって巨大な青銅製祭具と化し、武器としての実用には適さない姿に変じて弥生時代の末期まで用いられた。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of