Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 慶運(けいうん、きょううん、永仁年間(1293年 - 1299年) - 正平24年/応安2年(1369年)頃)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての天台宗の僧・歌人。青蓮院法印浄弁の子。父浄弁とともに和歌四天王の一人に数えられる。京都青蓮院との関係が深く祇園別当目代を3度務めている。二条家流の歌人であるが、晩年は冷泉派に近づいたといわれている。叙景歌に優れ、歌は「風雅和歌集」「新後拾遺和歌集」「新続古今和歌集」に入集している。家集には「慶運法印集」「浄弁並慶運集」がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 364259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 553 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 45666278 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 慶運(けいうん、きょううん、永仁年間(1293年 - 1299年) - 正平24年/応安2年(1369年)頃)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての天台宗の僧・歌人。青蓮院法印浄弁の子。父浄弁とともに和歌四天王の一人に数えられる。京都青蓮院との関係が深く祇園別当目代を3度務めている。二条家流の歌人であるが、晩年は冷泉派に近づいたといわれている。叙景歌に優れ、歌は「風雅和歌集」「新後拾遺和歌集」「新続古今和歌集」に入集している。家集には「慶運法印集」「浄弁並慶運集」がある。
rdfs:label
  • 慶運
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of