Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 慈悲麻立干(じひ まりつかん、生年不詳 - 479年)は、新羅の第20代の王(在位:458年 - 479年)であり、姓は金氏。先代の訥祇麻立干の長男であり、母は18代実聖尼師今の娘、王妃は訥祇麻立干の弟の舒弗邯(1等官)未斯欣の娘。458年8月に先王の死去に伴い、王位についた。『三国遺事』王暦では母の名を阿老夫人(または次老夫人)、王妃を巴胡葛文王の娘(または■叱希角干、別名未欣角干の娘)とする。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 842307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1521 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47999331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:hangeul
  • 자비 마립간
prop-ja:hanja
  • 慈悲麻立干
prop-ja:hiragana
  • じひ・まりつかん
prop-ja:katakana
  • チャビ・マリッカン
prop-ja:latin
  • Jabi Maripgan
prop-ja:picture
prop-ja:title
  • 慈悲麻立干
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 慈悲麻立干(じひ まりつかん、生年不詳 - 479年)は、新羅の第20代の王(在位:458年 - 479年)であり、姓は金氏。先代の訥祇麻立干の長男であり、母は18代実聖尼師今の娘、王妃は訥祇麻立干の弟の舒弗邯(1等官)未斯欣の娘。458年8月に先王の死去に伴い、王位についた。『三国遺事』王暦では母の名を阿老夫人(または次老夫人)、王妃を巴胡葛文王の娘(または■叱希角干、別名未欣角干の娘)とする。
rdfs:label
  • 慈悲麻立干
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of