Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『感情教育』(かんじょうきょういく、仏:L'Éducation sentimentale)は、ギュスターヴ・フローベールの長編小説。二月革命前後のパリを舞台に、法科学生フレデリックの青春を、ことに貞淑なアルヌー夫人への恋を主題として描いている。フロベールの作品の中では例外的に自伝的な要素の濃い作品である。1864年から1869年にかけて執筆され、同年に刊行。『ボヴァリー夫人』『サランボー』に続く3作目の長編小説であるが、フロベールの自信に反し世評は芳しくなかった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1893833 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58282318 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • 『感情教育』扉ページ
prop-ja:ジャンル
prop-ja:作者
prop-ja:刊行
  • 1869 (xsd:integer)
prop-ja:単一の出典
  • May 2015
prop-ja:原題
  • L'Éducation sentimentale
prop-ja:参照方法
  • May 2015
prop-ja:
prop-ja:画像
  • Education sentimentale flaubert.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:発表形態
  • 書き下ろし
prop-ja:言語
prop-ja:題名
  • 感情教育
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『感情教育』(かんじょうきょういく、仏:L'Éducation sentimentale)は、ギュスターヴ・フローベールの長編小説。二月革命前後のパリを舞台に、法科学生フレデリックの青春を、ことに貞淑なアルヌー夫人への恋を主題として描いている。フロベールの作品の中では例外的に自伝的な要素の濃い作品である。1864年から1869年にかけて執筆され、同年に刊行。『ボヴァリー夫人』『サランボー』に続く3作目の長編小説であるが、フロベールの自信に反し世評は芳しくなかった。
rdfs:label
  • 感情教育
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of