Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 愛発関(あらちのせき)とは、近江国と越前国の国境に置かれた関所。東海道の鈴鹿関と東山道の不破関とともに三関の1つであった。詳細な位置は確定していないが、福井県敦賀市南部の山間部の北陸道沿いなどにあったと考えられている。候補としては、 近江国からの山中越と深坂越が一つになった後に設置されたとの推定から敦賀市疋田にあった。 敦賀平野への出入口である敦賀市道口にあった。の2つが挙げられる。文書の記録や発掘調査、および近年の研究により現在では敦賀市疋田が有力とされる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1020701 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1117 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58317436 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 愛発関(あらちのせき)とは、近江国と越前国の国境に置かれた関所。東海道の鈴鹿関と東山道の不破関とともに三関の1つであった。詳細な位置は確定していないが、福井県敦賀市南部の山間部の北陸道沿いなどにあったと考えられている。候補としては、 近江国からの山中越と深坂越が一つになった後に設置されたとの推定から敦賀市疋田にあった。 敦賀平野への出入口である敦賀市道口にあった。の2つが挙げられる。文書の記録や発掘調査、および近年の研究により現在では敦賀市疋田が有力とされる。
rdfs:label
  • 愛発関
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of