Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 愛島丘陵(めでしまきゅうりょう)とは、宮城県の中南部において、名取平野(仙台平野の旧名取郡部分)の西縁を形成する高舘丘陵から東南方に突き出した舌状台地のこと。陸前丘陵の一部。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1962298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2790 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58845895 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • 愛島丘陵
prop-ja:所在地
  • 宮城県名取市愛島
prop-ja:標高
  • 約40
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 仙台平野に突き出している愛島丘陵(2008年10月)。仙台空港の滑走路の北西(写真左)に愛島丘陵の東端が見える。なお、当写真にはSAT仙台空港線の高架橋区間が白線で描き込まれているので注意。
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 愛島丘陵(めでしまきゅうりょう)とは、宮城県の中南部において、名取平野(仙台平野の旧名取郡部分)の西縁を形成する高舘丘陵から東南方に突き出した舌状台地のこと。陸前丘陵の一部。
rdfs:label
  • 愛島丘陵
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of