Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 愛みやざき(あいみやざき)は、宮崎県議会に存在した会派。2007年(平成19年)、「宮崎県民の有権者の思いを最大化すること」のみを目的に、同年4月に実施された宮崎県議会議員選挙で当選した新人議員である武井俊輔、図師博規、西村賢、松田勝則が中心となり結成された。議員定数削減や政務調査費の全面公開など、議会改革を推進する地域密着型会派を目指すと表明していた。発足時の代表であった松田勝則は『保守系の会派だが宮崎県の民意を反映しない自民党とは一線を画したい』と語った。しかし東国原が1期限りで知事を退任し、任期切れを前に会派所属議員も全員離脱したため、2011年1月1日をもって会派は消滅した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 985563 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53844428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 愛みやざき(あいみやざき)は、宮崎県議会に存在した会派。2007年(平成19年)、「宮崎県民の有権者の思いを最大化すること」のみを目的に、同年4月に実施された宮崎県議会議員選挙で当選した新人議員である武井俊輔、図師博規、西村賢、松田勝則が中心となり結成された。議員定数削減や政務調査費の全面公開など、議会改革を推進する地域密着型会派を目指すと表明していた。発足時の代表であった松田勝則は『保守系の会派だが宮崎県の民意を反映しない自民党とは一線を画したい』と語った。しかし東国原が1期限りで知事を退任し、任期切れを前に会派所属議員も全員離脱したため、2011年1月1日をもって会派は消滅した。
rdfs:label
  • 愛みやざき
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of