Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『愛の妙薬』(あいのみょうやく)は、ガエターノ・ドニゼッティが作曲、1832年に初演された全2幕からなるオペラである。喜劇的なイタリア・オペラとしては、ロッシーニの『セビリアの理髪師』などと並び、比較的数の少ない人気作品である。テノールとソプラノの主役カップルにバリトン2人で大部分を占め、他に脇役ソプラノ1人、合唱というシンプルな人物構成で、4人までは充分に見せ場、聴かせ場が与えられているため、スター歌手の顔見世公演にも適している。 原語曲名:L'elisir d'amore 台本:フェリーチェ・ロマーニ、もともとはスクリーブがオベールのために書いた "Le philtre" の台本による 初演:1832年5月12日、ミラノのカノビアーナ劇場にて
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 321385 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3522 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52393833 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『愛の妙薬』(あいのみょうやく)は、ガエターノ・ドニゼッティが作曲、1832年に初演された全2幕からなるオペラである。喜劇的なイタリア・オペラとしては、ロッシーニの『セビリアの理髪師』などと並び、比較的数の少ない人気作品である。テノールとソプラノの主役カップルにバリトン2人で大部分を占め、他に脇役ソプラノ1人、合唱というシンプルな人物構成で、4人までは充分に見せ場、聴かせ場が与えられているため、スター歌手の顔見世公演にも適している。 原語曲名:L'elisir d'amore 台本:フェリーチェ・ロマーニ、もともとはスクリーブがオベールのために書いた "Le philtre" の台本による 初演:1832年5月12日、ミラノのカノビアーナ劇場にて
rdfs:label
  • 愛の妙薬
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of