Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『愛と哀しみの果て』(あいとかなしみのはて、Out of Africa)は、1985年公開のアメリカ映画。配給会社はユニヴァーサル映画で、監督はシドニー・ポラック。主演はメリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード。1937年に出版されたアイザック・ディネーセンの小説『アフリカの日々』をカート・リュードックが脚色。第58回アカデミー賞作品賞ならびに第43回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞受賞作品。アカデミー賞の対抗馬はスピルバーグ監督の 『カラーパープル』 であり、この作品が受賞したのはスピルバーグに取らせたくなかったからだと陰口を叩かれた。(カラーパープルは結局無冠に終わった。)原作はアフリカでのさまざまな出会いが複雑に絡まって描かれていて、決してメロドラマではない。サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』の主人公ホールデンが図書館員からまちがって渡された本が、読んでみたらすごくよかったというのが原作の『アフリカの日々』である(野崎孝訳では「アフリカの農場」)。気に入った作家には電話をかけたくなると、ホールデンがいうが、このモチーフは日本の『ライ麦畑』とされる庄司薫の『赤頭巾ちゃん気をつけて』の冒頭に活かされている。同じように『ライ麦畑』みたいな作品を書くと当初評された村上春樹の『1Q84』BOOK3にも出てくる。
dbpedia-owl:basedOn
dbpedia-owl:cinematography
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:director
dbpedia-owl:distributor
dbpedia-owl:editing
dbpedia-owl:gross
  • 1.28499205E8
  • 8.7071205E7
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:musicComposer
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:releaseDate
  • 2018-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1577897 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4661 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58205394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:writer
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 161 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • 愛と哀しみの果て
prop-ja:公開
  • --03-15
  • --12-18
prop-ja:出演者
prop-ja:原作
prop-ja:原題
  • Out of Africa
prop-ja:撮影
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
  • カート・リュードック
prop-ja:興行収入
  • 1.28499205E8
  • 8.7071205E7
prop-ja:製作
  • シドニー・ポラック
prop-ja:製作総指揮
  • キム・ヨハンセン
prop-ja:製作費
  • 3100 (xsd:integer)
prop-ja:言語
prop-ja:配給
  • UIP
  • ユニヴァーサル映画
prop-ja:音楽
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『愛と哀しみの果て』(あいとかなしみのはて、Out of Africa)は、1985年公開のアメリカ映画。配給会社はユニヴァーサル映画で、監督はシドニー・ポラック。主演はメリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード。1937年に出版されたアイザック・ディネーセンの小説『アフリカの日々』をカート・リュードックが脚色。第58回アカデミー賞作品賞ならびに第43回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞受賞作品。アカデミー賞の対抗馬はスピルバーグ監督の 『カラーパープル』 であり、この作品が受賞したのはスピルバーグに取らせたくなかったからだと陰口を叩かれた。(カラーパープルは結局無冠に終わった。)原作はアフリカでのさまざまな出会いが複雑に絡まって描かれていて、決してメロドラマではない。サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』の主人公ホールデンが図書館員からまちがって渡された本が、読んでみたらすごくよかったというのが原作の『アフリカの日々』である(野崎孝訳では「アフリカの農場」)。気に入った作家には電話をかけたくなると、ホールデンがいうが、このモチーフは日本の『ライ麦畑』とされる庄司薫の『赤頭巾ちゃん気をつけて』の冒頭に活かされている。同じように『ライ麦畑』みたいな作品を書くと当初評された村上春樹の『1Q84』BOOK3にも出てくる。
rdfs:label
  • 愛と哀しみの果て
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 愛と哀しみの果て
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主な作品 of
is foaf:primaryTopic of