Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 意味論(いみろん、英語:semantics)は主に二つの学問領域を指して用いられている。一つは言語学で自然言語の意味を扱う下位領域である。もう一つは数学において、形式面を扱う証明論とともに数理論理学を構成する下位領域である。さらに一般意味論というものもあるが、言語の使用に関する倫理を扱うものであり、一般には意味論には含めない。現在、言語学において形式意味論の重要性が増しており、それに伴って数学における意味論が大きな位置を占めるようになっている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6357 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4096 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 96 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58847839 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 意味論(いみろん、英語:semantics)は主に二つの学問領域を指して用いられている。一つは言語学で自然言語の意味を扱う下位領域である。もう一つは数学において、形式面を扱う証明論とともに数理論理学を構成する下位領域である。さらに一般意味論というものもあるが、言語の使用に関する倫理を扱うものであり、一般には意味論には含めない。現在、言語学において形式意味論の重要性が増しており、それに伴って数学における意味論が大きな位置を占めるようになっている。
rdfs:label
  • 意味論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:mainInterest of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:研究分野 of
is foaf:primaryTopic of