Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『意味がなければスイングはない』(いみがなければスイングはない)は、村上春樹の音楽評論集。2005年11月、文藝春秋より刊行された。季刊オーディオ専門誌『Stereo Sound』(株式会社ステレオサウンド)に連載された評論をまとめたものである。表紙の絵は、「The Back Guild」シリーズのイラスト(SHERIDAN SQUARE RECORD社)。2008年12月、文春文庫として文庫化された。タイトルは、デューク・エリントンの作品「スイングがなければ意味はない (It Don't Mean a Thing If It Ain't Got That Swing) 」に由来する。あとがきで村上は「ただの言葉遊びでこのタイトルをつけたわけではない」「この場合の『スイング』とは、どんな音楽にも通じるグルーヴ、あるいはうねりのようなものと考えていただいていい」と述べている。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:mediaType
dbpedia-owl:numberOfPages
  • 296 (xsd:integer)
dbpedia-owl:publicationDate
  • 1928-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 500875 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58725373 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
  • 評論
prop-ja:id
  • ISBN 978-4-16-367600-5
prop-ja:language
prop-ja:pages
  • 296 (xsd:integer)
prop-ja:published
  • --11-28
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • 意味がなければスイングはない
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『意味がなければスイングはない』(いみがなければスイングはない)は、村上春樹の音楽評論集。2005年11月、文藝春秋より刊行された。季刊オーディオ専門誌『Stereo Sound』(株式会社ステレオサウンド)に連載された評論をまとめたものである。表紙の絵は、「The Back Guild」シリーズのイラスト(SHERIDAN SQUARE RECORD社)。2008年12月、文春文庫として文庫化された。タイトルは、デューク・エリントンの作品「スイングがなければ意味はない (It Don't Mean a Thing If It Ain't Got That Swing) 」に由来する。あとがきで村上は「ただの言葉遊びでこのタイトルをつけたわけではない」「この場合の『スイング』とは、どんな音楽にも通じるグルーヴ、あるいはうねりのようなものと考えていただいていい」と述べている。
rdfs:label
  • 意味がなければスイングはない
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 意味がなければスイングはない
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of