Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 惣郷川橋梁(そうごうがわきょうりょう)は山口県阿武郡阿武町宇田惣郷の、JR西日本山陰本線・須佐 - 宇田郷間の白須川に架かる鉄道橋。惣郷鉄橋(そうごうてっきょう)とも呼ばれる。全長189m。1932年(昭和7年)に山陰本線最後の開通区間にかかる構造物として完成(開通は翌1933年)。日本海に隣接し、波浪による浸食や潮風による腐食(塩害)を避けるため、鋼橋ではなく鉄筋コンクリート4柱ラーメン構造の堅牢作りとなっており、橋脚の基礎も満潮時の海面から1.5mの高さまでの高い基礎が据えられているのが特徴である。海からの景色も、また橋からの景色も美しいことから、撮影ポイントとして鉄道ファンからの人気は高い。2001年に土木学会選奨土木遺産を受賞している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 725135 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1251 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55028934 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • 惣郷川橋梁
prop-ja:建設
  • 1931 (xsd:integer)
prop-ja:形式
  • 連続ラーメン橋
prop-ja:水域
  • 白須川
prop-ja:画像
prop-ja:素材
prop-ja:都市
  • 山口県阿武郡阿武町
prop-ja:長さ
  • 189m
dcterms:subject
georss:point
  • 34.58730555555555 131.5559722222222
rdf:type
rdfs:comment
  • 惣郷川橋梁(そうごうがわきょうりょう)は山口県阿武郡阿武町宇田惣郷の、JR西日本山陰本線・須佐 - 宇田郷間の白須川に架かる鉄道橋。惣郷鉄橋(そうごうてっきょう)とも呼ばれる。全長189m。1932年(昭和7年)に山陰本線最後の開通区間にかかる構造物として完成(開通は翌1933年)。日本海に隣接し、波浪による浸食や潮風による腐食(塩害)を避けるため、鋼橋ではなく鉄筋コンクリート4柱ラーメン構造の堅牢作りとなっており、橋脚の基礎も満潮時の海面から1.5mの高さまでの高い基礎が据えられているのが特徴である。海からの景色も、また橋からの景色も美しいことから、撮影ポイントとして鉄道ファンからの人気は高い。2001年に土木学会選奨土木遺産を受賞している。
rdfs:label
  • 惣郷川橋梁
owl:sameAs
geo:lat
  • 34.587307 (xsd:float)
geo:long
  • 131.555969 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of