Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『悲劇の誕生』(ひげきのたんじょう、Die Geburt der Tragödie)はフリードリヒ・ニーチェによって19世紀(1872年)に書かれた著作。『音楽の精神からの悲劇の誕生』(Die Geburt der Tragödie aus dem Geiste der Musik)が正式なタイトル。造形芸術をギリシャの神アポロン、音楽芸術をディオニュソスに象徴させ、悲劇(および劇文学)を両者の性質をあわせ持った最高の芸術(文学)形態であるとした。アポロンに理性を象徴させ、ディオニュソスに情動を象徴させた。ディオニュソス的根底にルター、カント、バッハ、ベートーベン、ドイツ精神がつながるとした。三大悲劇詩人ソフォクレス、アイスキュロス、エウリピデスのうち、エウリピデスは悲劇を終わらせ、ソクラテス的な主知主義へと導いた存在であると述べている。ニーチェはこの本の中でリヒャルト・ワーグナーの楽劇に悲劇の再生を見ている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1224738 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1334 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58545992 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『悲劇の誕生』(ひげきのたんじょう、Die Geburt der Tragödie)はフリードリヒ・ニーチェによって19世紀(1872年)に書かれた著作。『音楽の精神からの悲劇の誕生』(Die Geburt der Tragödie aus dem Geiste der Musik)が正式なタイトル。造形芸術をギリシャの神アポロン、音楽芸術をディオニュソスに象徴させ、悲劇(および劇文学)を両者の性質をあわせ持った最高の芸術(文学)形態であるとした。アポロンに理性を象徴させ、ディオニュソスに情動を象徴させた。ディオニュソス的根底にルター、カント、バッハ、ベートーベン、ドイツ精神がつながるとした。三大悲劇詩人ソフォクレス、アイスキュロス、エウリピデスのうち、エウリピデスは悲劇を終わらせ、ソクラテス的な主知主義へと導いた存在であると述べている。ニーチェはこの本の中でリヒャルト・ワーグナーの楽劇に悲劇の再生を見ている。
rdfs:label
  • 悲劇の誕生
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of