Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『悲しみよこんにちは』(かなしみよこんにちは、原題:Bonjour Tristesse)は、1954年に発表されたフランスの作家フランソワーズ・サガンの小説。サガンが18歳のときに出版された処女作である。題名はポール・エリュアールの詩「直接の生命」の一節から採られている。17歳の少女セシルがコート・ダジュールの別荘で過ごす一夏を描く。22ヶ国で翻訳され世界的なベストセラーとなった。1957年に映画化され、ジーン・セバーグがセシルを演じた。その際の短い髪型が流行し「セシルカット」と呼ばれブームになった。また、日本では、1967年に舞台を那須高原に置き換えた、梓英子主演のテレビドラマが制作されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1209569 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 858 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57036519 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『悲しみよこんにちは』(かなしみよこんにちは、原題:Bonjour Tristesse)は、1954年に発表されたフランスの作家フランソワーズ・サガンの小説。サガンが18歳のときに出版された処女作である。題名はポール・エリュアールの詩「直接の生命」の一節から採られている。17歳の少女セシルがコート・ダジュールの別荘で過ごす一夏を描く。22ヶ国で翻訳され世界的なベストセラーとなった。1957年に映画化され、ジーン・セバーグがセシルを演じた。その際の短い髪型が流行し「セシルカット」と呼ばれブームになった。また、日本では、1967年に舞台を那須高原に置き換えた、梓英子主演のテレビドラマが制作されている。
rdfs:label
  • 悲しみよこんにちは
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:原作 of
is foaf:primaryTopic of