Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 悪徳商法(あくとくしょうほう)は、悪質な者が不当な利益を得るような、社会通念上問題のある商売方法であって、例えばマルチ(まがい)商法による販売などが代表的である。被害者は主に消費者であるが、企業(ことに中小零細企業)や個人事業者が被害者をなる場合もある。また、問題商法(もんだいしょうほう)または悪質商法(あくしつしょうほう)ともいう。なお、警察、消費生活センターなどでは問題商法または悪質商法ということが多く、ほとんど悪徳商法とは言わない。マスコミや一般の人は、悪徳商法ということが多い。近年20代の若者もターゲットにする悪徳商法が増加している。法律的には成人とみなされても、彼らには社会的な経験や知識がほとんどなく、そこにつけこんだものである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1613829 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 541 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59139586 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --12-22
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 悪徳商法(あくとくしょうほう)は、悪質な者が不当な利益を得るような、社会通念上問題のある商売方法であって、例えばマルチ(まがい)商法による販売などが代表的である。被害者は主に消費者であるが、企業(ことに中小零細企業)や個人事業者が被害者をなる場合もある。また、問題商法(もんだいしょうほう)または悪質商法(あくしつしょうほう)ともいう。なお、警察、消費生活センターなどでは問題商法または悪質商法ということが多く、ほとんど悪徳商法とは言わない。マスコミや一般の人は、悪徳商法ということが多い。近年20代の若者もターゲットにする悪徳商法が増加している。法律的には成人とみなされても、彼らには社会的な経験や知識がほとんどなく、そこにつけこんだものである。
rdfs:label
  • 悪徳商法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of