Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 悪役(あくやく、Villain・ヴィラン)とは、映画・テレビドラマ・舞台演劇・小説などに登場する悪人の役。憎まれ役(にくまれやく)とも呼ばれる。また、そこから転じてマスメディアにバッシングされている人物、組織内で人に憎まれている人物を指すことも多い。日常会話でも「~に回る」、「~に徹する」と使われる。悪役は特に勧善懲悪などの要素を含む物語では必要不可欠の要素である。悪役がふてぶてしく立ち回ることにより主人公の存在感をより鮮明にし、また主人公やその仲間に倒されることで視聴者(読者)にカタルシスを与える。基本的には物語の根底を彩り、主役たちを引き立たせる、地味ではあるが重要な存在である。したがって、悪役が魅力的であればあるほど物語の完成度は高くなる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 427167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57393088 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 悪役(あくやく、Villain・ヴィラン)とは、映画・テレビドラマ・舞台演劇・小説などに登場する悪人の役。憎まれ役(にくまれやく)とも呼ばれる。また、そこから転じてマスメディアにバッシングされている人物、組織内で人に憎まれている人物を指すことも多い。日常会話でも「~に回る」、「~に徹する」と使われる。悪役は特に勧善懲悪などの要素を含む物語では必要不可欠の要素である。悪役がふてぶてしく立ち回ることにより主人公の存在感をより鮮明にし、また主人公やその仲間に倒されることで視聴者(読者)にカタルシスを与える。基本的には物語の根底を彩り、主役たちを引き立たせる、地味ではあるが重要な存在である。したがって、悪役が魅力的であればあるほど物語の完成度は高くなる。
rdfs:label
  • 悪役
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of