Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『悪名』(あくみょう)は、今東光の小説、およびそれを原作とした勝新太郎主演の映画(大映製作)。河内の暴れ者・八尾の朝吉(姓は村上)を主人公とする今東光の小説『悪名』は、1960年に『週刊朝日』にて連載された。同誌の編集長が大映の監督・田中徳三の実兄だったことから、大映で1961年に映画化され、朝吉を勝新太郎、弟分のモートルの貞を田宮二郎が演じた。同作のヒットを受け、以降は脚本家依田義賢のオリジナルでシリーズ化され、全16作が製作された。また、2001年に再び映画化され、朝吉役を的場浩司、貞役を東幹久が演じた。舞台版では、勝の息子の鴈龍太郎が朝吉役、貞役を堤大二郎が演じた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1491785 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3480 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57767422 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『悪名』(あくみょう)は、今東光の小説、およびそれを原作とした勝新太郎主演の映画(大映製作)。河内の暴れ者・八尾の朝吉(姓は村上)を主人公とする今東光の小説『悪名』は、1960年に『週刊朝日』にて連載された。同誌の編集長が大映の監督・田中徳三の実兄だったことから、大映で1961年に映画化され、朝吉を勝新太郎、弟分のモートルの貞を田宮二郎が演じた。同作のヒットを受け、以降は脚本家依田義賢のオリジナルでシリーズ化され、全16作が製作された。また、2001年に再び映画化され、朝吉役を的場浩司、貞役を東幹久が演じた。舞台版では、勝の息子の鴈龍太郎が朝吉役、貞役を堤大二郎が演じた。
rdfs:label
  • 悪名
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of