Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 患難前携挙説(かんなんまえけいきょせつ)はキリスト教終末論の説。聖書は終末に患難時代が起こると預言している。(マタイ24章、マルコ13章)この説によると、教会は患難時代の直前に、携挙される。こうして、患難時代には教会がこの地上に不在である。空中に携挙されるのは、教会を終末の患難時代から救い出すためである。ディスペンセーション主義はこの立場を取る。他には、患難中携挙説と患難後携挙説がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1827800 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 42363175 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 患難前携挙説(かんなんまえけいきょせつ)はキリスト教終末論の説。聖書は終末に患難時代が起こると預言している。(マタイ24章、マルコ13章)この説によると、教会は患難時代の直前に、携挙される。こうして、患難時代には教会がこの地上に不在である。空中に携挙されるのは、教会を終末の患難時代から救い出すためである。ディスペンセーション主義はこの立場を取る。他には、患難中携挙説と患難後携挙説がある。
rdfs:label
  • 患難前携挙説
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of