Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 恒良親王(つねよししんのう/つねながしんのう、正中元年(1324年) - 延元3年/建武5年4月13日(1338年5月3日))は、後醍醐天皇の皇子。母は後醍醐の寵姫阿野廉子。成良親王、義良親王の同母兄。後醍醐天皇と足利尊氏との内戦の中で、一時的に天皇となる。名前の読みが二種類あることについては、後醍醐天皇の皇子の読みを参照。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 122735 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58124110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 恒良親王(つねよししんのう/つねながしんのう、正中元年(1324年) - 延元3年/建武5年4月13日(1338年5月3日))は、後醍醐天皇の皇子。母は後醍醐の寵姫阿野廉子。成良親王、義良親王の同母兄。後醍醐天皇と足利尊氏との内戦の中で、一時的に天皇となる。名前の読みが二種類あることについては、後醍醐天皇の皇子の読みを参照。
rdfs:label
  • 恒良親王
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of