性行為(せいこうい)とは、性欲に基づいた行為。性器や肛門の接触や性交などといった行為。その近代以降の日本語名称。古来の日本語では、古語「みとのまぐはひ(御陰の目合)」から転じて「目合(現代表記・現代仮名遣い:まぐわい、歴史的仮名遣:まぐはひ)」、動詞形で「現:まぐわう(歴:まぐはふ)」といい、今でも稀に用いられる。 英語では "sexual intercourse(日本語音写例〈以下同様〉:セクシャル インタコース)"、または、ラテン語由来語で "coitus(コイタス)" という。フランス語では "sapport sexuel(シュポール セクシャル)" という。ラテン語では "coitus(コイトゥス)" という。 ヒトが性的欲求に触発され、複数で行う一連の行為である。快楽や愛情表現を目的として行われることも多く、必ずしも生殖に結びつかない。主に一組(カップル)の男女が性交(交尾)を行うことであるが、複数人で性行為を行う乱交などもその一種である。人はそれぞれ様々な性的指向(同性愛、フェチズムなど)を持っており、「性行為」が指す範囲は幅広い。

Property Value
dbo:abstract
  • 性行為(せいこうい)とは、性欲に基づいた行為。性器や肛門の接触や性交などといった行為。その近代以降の日本語名称。古来の日本語では、古語「みとのまぐはひ(御陰の目合)」から転じて「目合(現代表記・現代仮名遣い:まぐわい、歴史的仮名遣:まぐはひ)」、動詞形で「現:まぐわう(歴:まぐはふ)」といい、今でも稀に用いられる。 英語では "sexual intercourse(日本語音写例〈以下同様〉:セクシャル インタコース)"、または、ラテン語由来語で "coitus(コイタス)" という。フランス語では "sapport sexuel(シュポール セクシャル)" という。ラテン語では "coitus(コイトゥス)" という。 ヒトが性的欲求に触発され、複数で行う一連の行為である。快楽や愛情表現を目的として行われることも多く、必ずしも生殖に結びつかない。主に一組(カップル)の男女が性交(交尾)を行うことであるが、複数人で性行為を行う乱交などもその一種である。人はそれぞれ様々な性的指向(同性愛、フェチズムなど)を持っており、「性行為」が指す範囲は幅広い。 (ja)
  • 性行為(せいこうい)とは、性欲に基づいた行為。性器や肛門の接触や性交などといった行為。その近代以降の日本語名称。古来の日本語では、古語「みとのまぐはひ(御陰の目合)」から転じて「目合(現代表記・現代仮名遣い:まぐわい、歴史的仮名遣:まぐはひ)」、動詞形で「現:まぐわう(歴:まぐはふ)」といい、今でも稀に用いられる。 英語では "sexual intercourse(日本語音写例〈以下同様〉:セクシャル インタコース)"、または、ラテン語由来語で "coitus(コイタス)" という。フランス語では "sapport sexuel(シュポール セクシャル)" という。ラテン語では "coitus(コイトゥス)" という。 ヒトが性的欲求に触発され、複数で行う一連の行為である。快楽や愛情表現を目的として行われることも多く、必ずしも生殖に結びつかない。主に一組(カップル)の男女が性交(交尾)を行うことであるが、複数人で性行為を行う乱交などもその一種である。人はそれぞれ様々な性的指向(同性愛、フェチズムなど)を持っており、「性行為」が指す範囲は幅広い。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1370701 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 24683 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80927826 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 性行為(せいこうい)とは、性欲に基づいた行為。性器や肛門の接触や性交などといった行為。その近代以降の日本語名称。古来の日本語では、古語「みとのまぐはひ(御陰の目合)」から転じて「目合(現代表記・現代仮名遣い:まぐわい、歴史的仮名遣:まぐはひ)」、動詞形で「現:まぐわう(歴:まぐはふ)」といい、今でも稀に用いられる。 英語では "sexual intercourse(日本語音写例〈以下同様〉:セクシャル インタコース)"、または、ラテン語由来語で "coitus(コイタス)" という。フランス語では "sapport sexuel(シュポール セクシャル)" という。ラテン語では "coitus(コイトゥス)" という。 ヒトが性的欲求に触発され、複数で行う一連の行為である。快楽や愛情表現を目的として行われることも多く、必ずしも生殖に結びつかない。主に一組(カップル)の男女が性交(交尾)を行うことであるが、複数人で性行為を行う乱交などもその一種である。人はそれぞれ様々な性的指向(同性愛、フェチズムなど)を持っており、「性行為」が指す範囲は幅広い。 (ja)
  • 性行為(せいこうい)とは、性欲に基づいた行為。性器や肛門の接触や性交などといった行為。その近代以降の日本語名称。古来の日本語では、古語「みとのまぐはひ(御陰の目合)」から転じて「目合(現代表記・現代仮名遣い:まぐわい、歴史的仮名遣:まぐはひ)」、動詞形で「現:まぐわう(歴:まぐはふ)」といい、今でも稀に用いられる。 英語では "sexual intercourse(日本語音写例〈以下同様〉:セクシャル インタコース)"、または、ラテン語由来語で "coitus(コイタス)" という。フランス語では "sapport sexuel(シュポール セクシャル)" という。ラテン語では "coitus(コイトゥス)" という。 ヒトが性的欲求に触発され、複数で行う一連の行為である。快楽や愛情表現を目的として行われることも多く、必ずしも生殖に結びつかない。主に一組(カップル)の男女が性交(交尾)を行うことであるが、複数人で性行為を行う乱交などもその一種である。人はそれぞれ様々な性的指向(同性愛、フェチズムなど)を持っており、「性行為」が指す範囲は幅広い。 (ja)
rdfs:label
  • 性行為 (ja)
  • 性行為 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of