Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)とは125~135dB以上にもなる予期しない突発的な強大音に暴露した時に起こす外傷の一種で、急性音響性聴器障害とも呼ばれる音響外傷の一種である。外傷性鼓膜穿孔を併発する場合も多い。実際に起きる事例として多いのが銃の発射音を近距離で聞いた場合であるが、爆弾の爆発、発破工事などで起きる場合もある。急性音響外傷になると内耳の聴覚細胞が損傷し聴覚障害や耳鳴りが起きる。重傷な場合には蝸牛神経が損傷し聴覚と平衡感覚が失われ中枢神経が失調して歩くことすらできなくなる場合もある。特に急性音響外傷を起こしやすいのは日常的に銃声や爆発音に晒されている軍人である。耳鳴りを抱えたまま戦地で活動したり、一般社会に復帰した軍人が日常的に耳鳴りに悩まされた結果、精神的に病んで異常行動を起す場合があり、これが帰還兵の大きな問題になる場合が多い。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 994293 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 40091054 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)とは125~135dB以上にもなる予期しない突発的な強大音に暴露した時に起こす外傷の一種で、急性音響性聴器障害とも呼ばれる音響外傷の一種である。外傷性鼓膜穿孔を併発する場合も多い。実際に起きる事例として多いのが銃の発射音を近距離で聞いた場合であるが、爆弾の爆発、発破工事などで起きる場合もある。急性音響外傷になると内耳の聴覚細胞が損傷し聴覚障害や耳鳴りが起きる。重傷な場合には蝸牛神経が損傷し聴覚と平衡感覚が失われ中枢神経が失調して歩くことすらできなくなる場合もある。特に急性音響外傷を起こしやすいのは日常的に銃声や爆発音に晒されている軍人である。耳鳴りを抱えたまま戦地で活動したり、一般社会に復帰した軍人が日常的に耳鳴りに悩まされた結果、精神的に病んで異常行動を起す場合があり、これが帰還兵の大きな問題になる場合が多い。
rdfs:label
  • 急性音響外傷
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of