Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 念仏(ねんぶつ)とは、仏教における行のひとつで、仏の姿や功徳を思い描いたり、その名号を口に出して呼ぶこと。サンスクリット語では"buddha-anusmRti"で、仏陀に対する帰敬、礼拝、讃嘆、憶念などの意。日本では一般的には、浄土教系の宗派において合掌礼拝時に「南無阿弥陀仏」と称える「称名念仏」を指すことが多い。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 11069 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6170 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 113 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58678871 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:_
  • 時宗
prop-ja:header
  • この記事は以下のカテゴリでも参照できます
prop-ja:redirect
  • 踊念仏
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 念仏(ねんぶつ)とは、仏教における行のひとつで、仏の姿や功徳を思い描いたり、その名号を口に出して呼ぶこと。サンスクリット語では"buddha-anusmRti"で、仏陀に対する帰敬、礼拝、讃嘆、憶念などの意。日本では一般的には、浄土教系の宗派において合掌礼拝時に「南無阿弥陀仏」と称える「称名念仏」を指すことが多い。
rdfs:label
  • 念仏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of