Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 応天門の変(おうてんもんのへん)は、平安時代前期の貞観8年(866年)に起こった政治事件。応天門が放火され、大納言・伴善男は左大臣・源信の犯行であると告発したが、太政大臣・藤原良房の進言により無罪となった。その後、密告があり伴善男父子に嫌疑がかけられ、有罪となり流刑に処された。これにより、古代からの名族伴氏(大伴氏)は没落した。藤原氏による他氏排斥事件のひとつとされている。事件は国宝『伴大納言絵詞』に詳しく描かれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 146670 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2740 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59203224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 応天門の変(おうてんもんのへん)は、平安時代前期の貞観8年(866年)に起こった政治事件。応天門が放火され、大納言・伴善男は左大臣・源信の犯行であると告発したが、太政大臣・藤原良房の進言により無罪となった。その後、密告があり伴善男父子に嫌疑がかけられ、有罪となり流刑に処された。これにより、古代からの名族伴氏(大伴氏)は没落した。藤原氏による他氏排斥事件のひとつとされている。事件は国宝『伴大納言絵詞』に詳しく描かれている。
rdfs:label
  • 応天門の変
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of