Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 志多伯 天将(したはく てんしょう、1645年1月4日(順治2年12月8日)- 1725年1月29日(雍正2年12月16日))は、志多伯家10世で蔡温の父。金城親雲上梁沢の子で後に志多伯家の養子になった。唐名を蔡 鐸(さい たく)という。童名は思徳(うみとく)。1677年(康熙16年)に尚貞王の命により、『歴代宝案』を修正し、さらに1697年からは『中山世鑑』の漢文訳・補訂し、『中山世譜』を完成させた。生存中、多く詩を残している。その一部が『中山詩文集』に収録されている。蔡鐸は正室の真呉瑞との子・蔡温を嗣子にしようとしたが真呉瑞が反対し、側室の眞多満との子・蔡淵を嗣子としたといわれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1037003 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 963 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56387402 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 志多伯 天将(したはく てんしょう、1645年1月4日(順治2年12月8日)- 1725年1月29日(雍正2年12月16日))は、志多伯家10世で蔡温の父。金城親雲上梁沢の子で後に志多伯家の養子になった。唐名を蔡 鐸(さい たく)という。童名は思徳(うみとく)。1677年(康熙16年)に尚貞王の命により、『歴代宝案』を修正し、さらに1697年からは『中山世鑑』の漢文訳・補訂し、『中山世譜』を完成させた。生存中、多く詩を残している。その一部が『中山詩文集』に収録されている。蔡鐸は正室の真呉瑞との子・蔡温を嗣子にしようとしたが真呉瑞が反対し、側室の眞多満との子・蔡淵を嗣子としたといわれる。
rdfs:label
  • 志多伯天将
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of