Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 忍法(にんぽう)とは、忍者が用いる体技、ならびに道具を用いた様々な技術の総称。忍術とは同義語となるが、忍法はフィクションの世界においては、妖術や気功にも似た人間技とは思えない数多くの術を意味する場合もある。しかし、忍術にはこの意味はあまり含まれない。そのルーツは歌舞伎や狂言にまで遡ることが出来る。忍法帖シリーズを書いてこの言葉を広く定着させた山田風太郎によると、「忍法」という言葉を最初に見たのは吉川英治作品であると証言している。その後、白土三平の手による傑作「カムイ伝」などによって、忍者に対する超人的イメージが定着していくことになる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 772307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54971098 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 忍法(にんぽう)とは、忍者が用いる体技、ならびに道具を用いた様々な技術の総称。忍術とは同義語となるが、忍法はフィクションの世界においては、妖術や気功にも似た人間技とは思えない数多くの術を意味する場合もある。しかし、忍術にはこの意味はあまり含まれない。そのルーツは歌舞伎や狂言にまで遡ることが出来る。忍法帖シリーズを書いてこの言葉を広く定着させた山田風太郎によると、「忍法」という言葉を最初に見たのは吉川英治作品であると証言している。その後、白土三平の手による傑作「カムイ伝」などによって、忍者に対する超人的イメージが定着していくことになる。
rdfs:label
  • 忍法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of