Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『心』(こころ)は、日本の月刊文芸雑誌。安倍能成、武者小路実篤、辰野隆、長與善郎、佐藤春夫等を中心に、占領下において日本文化を擁護すべく、1948年(昭和23年)7月号より創刊した。最終号は1981年(昭和56年)7・8月合併号。雑誌名の由来は夏目漱石「こころ」。創作よりも随筆や人文研究の評論が多かった。基本的に同人誌なので発行元が度々変更された。実篤が没する1970年代半ば辺りからは、串田孫一等が最終号まで編集担当し、平凡社で発刊された。大正教養世代の特色の強い雑誌で、執筆者・読者層共に明治生まれの世代が中心のため、1970年代に入ると同人の物故者が多くなったが、昭和生まれの高階秀爾や村上陽一郎等、21世紀に入った現在でも、活動している学者たちも執筆している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1732010 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 942 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52922381 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『心』(こころ)は、日本の月刊文芸雑誌。安倍能成、武者小路実篤、辰野隆、長與善郎、佐藤春夫等を中心に、占領下において日本文化を擁護すべく、1948年(昭和23年)7月号より創刊した。最終号は1981年(昭和56年)7・8月合併号。雑誌名の由来は夏目漱石「こころ」。創作よりも随筆や人文研究の評論が多かった。基本的に同人誌なので発行元が度々変更された。実篤が没する1970年代半ば辺りからは、串田孫一等が最終号まで編集担当し、平凡社で発刊された。大正教養世代の特色の強い雑誌で、執筆者・読者層共に明治生まれの世代が中心のため、1970年代に入ると同人の物故者が多くなったが、昭和生まれの高階秀爾や村上陽一郎等、21世紀に入った現在でも、活動している学者たちも執筆している。
rdfs:label
  • 心 (雑誌)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of