Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 徳川 匡時(とくがわ まさとき、文化2年閏8月13日(1805年10月5日) - 天保10年10月12日(1839年11月17日))は、徳川御三卿の一つ田安徳川家の世嗣。第3代当主・徳川斉匡の次男。母は斉匡の正室・裕宮貞子女王(閑院宮美仁親王の娘)。田安徳川家の嫡子であったが、父・斉匡は兄の将軍徳川家斉の子である斉荘を養子に迎える。このため、匡時は病弱を理由に天保7年(1836年)8月、廃嫡された。天保10年(1839年)、35歳で没した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1600126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 466 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46171558 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 徳川 匡時(とくがわ まさとき、文化2年閏8月13日(1805年10月5日) - 天保10年10月12日(1839年11月17日))は、徳川御三卿の一つ田安徳川家の世嗣。第3代当主・徳川斉匡の次男。母は斉匡の正室・裕宮貞子女王(閑院宮美仁親王の娘)。田安徳川家の嫡子であったが、父・斉匡は兄の将軍徳川家斉の子である斉荘を養子に迎える。このため、匡時は病弱を理由に天保7年(1836年)8月、廃嫡された。天保10年(1839年)、35歳で没した。
rdfs:label
  • 徳川匡時
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of