Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 微小ループアンテナ(びしょうループアンテナ)とは、周囲長が波長に対して非常に短いループアンテナの一種である。スモールループアンテナ、マグネチックループアンテナとも呼ばれる。動作原理が円周長が1波長のループアンテナとは異なる。多くの場合、周囲長は1/3波長以下であり、1/10波長が磁束がそろい良いとされるが、放射抵抗が、ループを小さくすると、どんどん小さくなるために、損出抵抗をなるべく小さくする必要がある。そのためには、接触抵抗を小さくするなどの工夫が必要。狭帯域で同調し電界型のノイズの影響を受けにくい。鉄筋コンクリートの建物等に近接して取り付けると、ファラデーの電磁誘導で、近傍の導体を起震して、放射効率を上げる事が知られている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 340715 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 989 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53959321 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 微小ループアンテナ(びしょうループアンテナ)とは、周囲長が波長に対して非常に短いループアンテナの一種である。スモールループアンテナ、マグネチックループアンテナとも呼ばれる。動作原理が円周長が1波長のループアンテナとは異なる。多くの場合、周囲長は1/3波長以下であり、1/10波長が磁束がそろい良いとされるが、放射抵抗が、ループを小さくすると、どんどん小さくなるために、損出抵抗をなるべく小さくする必要がある。そのためには、接触抵抗を小さくするなどの工夫が必要。狭帯域で同調し電界型のノイズの影響を受けにくい。鉄筋コンクリートの建物等に近接して取り付けると、ファラデーの電磁誘導で、近傍の導体を起震して、放射効率を上げる事が知られている。
rdfs:label
  • 微小ループアンテナ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of