Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 数学における微分作用素(differential operator)は、微分演算 (D = d⁄dx) の函数として定義された作用素である。ひとまずは表記法の問題として、微分演算を(計算機科学における高階函数と同じ仕方で)入力函数を別の函数を返す抽象的な演算と考えるのが有効である。本項では、最もよく扱われる種類である線型写像作用素を主に扱う。しかし、シュヴァルツ微分のような非線型微分作用素も存在する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2384223 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10292 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57976756 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • p/d032250
prop-ja:title
  • Differential Operator
  • Differential operator
  • differential operator
prop-ja:urlname
  • DifferentialOperator
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 数学における微分作用素(differential operator)は、微分演算 (D = d⁄dx) の函数として定義された作用素である。ひとまずは表記法の問題として、微分演算を(計算機科学における高階函数と同じ仕方で)入力函数を別の函数を返す抽象的な演算と考えるのが有効である。本項では、最もよく扱われる種類である線型写像作用素を主に扱う。しかし、シュヴァルツ微分のような非線型微分作用素も存在する。
rdfs:label
  • 微分作用素
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of