Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 御幸道路(みゆきどうろ)は、三重県伊勢市を通り、伊勢神宮の豊受大神宮(外宮)と皇大神宮(内宮)を結ぶ道路。国道23号および三重県道12号伊勢南勢線、三重県道37号鳥羽松阪線の各一部であり、1910年(明治43年)に開通した。天皇の伊勢神宮参詣(行幸・御幸)時の参拝経路として利用される。別名は、御幸通り・お成り街道(御成街道)。全長はおよそ5.5km、徒歩1時間半程度である。沿道には、御木本幸吉による寄付で整備された街路樹や、篤志家によって献灯された石灯籠が並んでいる。また、沿道には史跡が点在する。外宮前から伊勢商工会議所前までは官庁街、外宮と内宮の中間に位置する倉田山付近は文教地区となっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1608399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 240 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58708409 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:number
  • 12 (xsd:integer)
  • 22 (xsd:integer)
  • 37 (xsd:integer)
prop-ja:pref
  • 三重
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 御幸道路(みゆきどうろ)は、三重県伊勢市を通り、伊勢神宮の豊受大神宮(外宮)と皇大神宮(内宮)を結ぶ道路。国道23号および三重県道12号伊勢南勢線、三重県道37号鳥羽松阪線の各一部であり、1910年(明治43年)に開通した。天皇の伊勢神宮参詣(行幸・御幸)時の参拝経路として利用される。別名は、御幸通り・お成り街道(御成街道)。全長はおよそ5.5km、徒歩1時間半程度である。沿道には、御木本幸吉による寄付で整備された街路樹や、篤志家によって献灯された石灯籠が並んでいる。また、沿道には史跡が点在する。外宮前から伊勢商工会議所前までは官庁街、外宮と内宮の中間に位置する倉田山付近は文教地区となっている。
rdfs:label
  • 御幸道路
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of