Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 御史中丞(ぎょしちゅうじょう)は、中国の前漢以降の官職名。前漢においては、御史大夫の二人の丞(副官)のうちの一人(秩千石)であるが、御史中丞は殿中の蘭台におり、図籍秘書を掌り、刺史を監督し、侍御史を統率した。公卿の上奏を受領し、内容を調べて弾劾した。成帝の綏和元年(前8年)に御史大夫を大司空と改称すると、御史中丞に代わって御史長史を置いて同じ仕事をさせた。哀帝の建平2年(前5年)に御史大夫が復活すると御史中丞に戻り、元寿2年(前1年)にまた大司空に改称されると、また御史中丞を御史長史とした。後漢では司空から独立して少府に属したが、御史中丞は御史台の長となった。下には治書侍御史2名(秩六百石)、侍御史15名(秩六百石)がいた。非法の監察弾劾を行い、公卿の上奏文を受領し文書の違反を弾劾した。光武帝は詔を出し、朝廷の集会の際に御史中丞、司隸校尉、尚書令は単独の席に座ることとし、都ではこの三つの官を「三独座」と呼んだ(『後漢書』宣秉伝)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1490579 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 663 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57598867 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 御史中丞(ぎょしちゅうじょう)は、中国の前漢以降の官職名。前漢においては、御史大夫の二人の丞(副官)のうちの一人(秩千石)であるが、御史中丞は殿中の蘭台におり、図籍秘書を掌り、刺史を監督し、侍御史を統率した。公卿の上奏を受領し、内容を調べて弾劾した。成帝の綏和元年(前8年)に御史大夫を大司空と改称すると、御史中丞に代わって御史長史を置いて同じ仕事をさせた。哀帝の建平2年(前5年)に御史大夫が復活すると御史中丞に戻り、元寿2年(前1年)にまた大司空に改称されると、また御史中丞を御史長史とした。後漢では司空から独立して少府に属したが、御史中丞は御史台の長となった。下には治書侍御史2名(秩六百石)、侍御史15名(秩六百石)がいた。非法の監察弾劾を行い、公卿の上奏文を受領し文書の違反を弾劾した。光武帝は詔を出し、朝廷の集会の際に御史中丞、司隸校尉、尚書令は単独の席に座ることとし、都ではこの三つの官を「三独座」と呼んだ(『後漢書』宣秉伝)。
rdfs:label
  • 御史中丞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:称号・役職 of
is foaf:primaryTopic of