Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 従士制度(じゅうしせいど、独: Gefolgschaft)は歴史学・社会学における従士団組織の制度を指す学術用語。従士団(じゅうしだん、独: Gesinde)とは主君に統率された一団の自由人男子により形成された戦士共同体である。従士団における支配-服従の関係は被支配者である自由人男子の隷属化によっておこなわれるのでなく、誠実関係であるとされ、被支配者は自由的身分を維持したばかりか従士団に参加することはしばしば名誉なこととされている。職業軍人的エリートの仲間組織であったと考えられている。古ゲルマンでは従士団に所属する以外の自由男子も兵役義務があったが、従士団はそれら半農の兵士とは区別され、主君の周囲に特殊なエリート組織を作り、支配階層として存在していたと考えられている。従士団への加入は自由意志によるとされている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 482925 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2764 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58321091 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 従士制度(じゅうしせいど、独: Gefolgschaft)は歴史学・社会学における従士団組織の制度を指す学術用語。従士団(じゅうしだん、独: Gesinde)とは主君に統率された一団の自由人男子により形成された戦士共同体である。従士団における支配-服従の関係は被支配者である自由人男子の隷属化によっておこなわれるのでなく、誠実関係であるとされ、被支配者は自由的身分を維持したばかりか従士団に参加することはしばしば名誉なこととされている。職業軍人的エリートの仲間組織であったと考えられている。古ゲルマンでは従士団に所属する以外の自由男子も兵役義務があったが、従士団はそれら半農の兵士とは区別され、主君の周囲に特殊なエリート組織を作り、支配階層として存在していたと考えられている。従士団への加入は自由意志によるとされている。
rdfs:label
  • 従士制度
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of